保健師のための保健指導力向上セミナー

成果を上げる!
スマートダイエット®︎式
保健指導
Health guidance

保健師として住民や社員、組合員の方と面談することについては、苦手意識を抱いている方は少ないと思います。
むしろ、多くの保健師が、高い面談スキルを持って、対象者との信頼関係を築き、対象者に寄り添った面談をされていることでしょう。

しかし「食事指導」については、多くの保健師が苦手に感じているようです。これを読んでいただいているあなたはいかがですか?

実は私自身も、以前は食事に関しては充分な知識とスキルがなく、自分自身の体重管理すらできていない状況でした。
そんなときに出会ったのが「スマートダイエット®︎」と言う素晴らしい減量メソッド。

本セミナーは、スマートダイエット®︎を、時間、支援回数が限られる保健指導の現場で活用できる形にしてお伝えし、現場で活躍する保健師の保健指導力を上げることを目的としています。

このセミナー学習で得られること

・「何をどれぐらい食べればいいのか」を対象者に具体的にわかりやすく伝えることができる
・対象者一人ひとりの健康診断結果に基づいた、食生活の改善方法を具体的に伝えることができる
・限られた時間の中で、より効果が出る保健指導ができる
・効果を出す食事指導に自信が持てる
・ご自身がこれまでに学び、身に付けてきた面談スキルをより高めることができる
・オンラインでも、対象者の心に響く保健指導ができる

食事改善ポイントが具体的に伝わる!
スマートダイエット®︎式
食べ方教材が
受講者限定で購入可能
Educational materials

スマートダイエット®︎の開発者である筑波大学名誉教授の田中喜代次先生と株式会社THFに全面的にご協力いただき、スマートダイエット®︎のメソッドをベースとして保健指導用のリーフレットを作成することができました。

このリーフレットは特定保健指導だけでなく、健康診断後の保健指導や、日ごろの健康相談でもご活用いただけます。

今回、このリーフレットは紙媒体と電子媒体(PDF)と2パターンご用意しました。
電子版は、オンライン面談の際に画面共有をしてご利用いただいたり、参加者にメール等で送付し、出力してご活用いただいたりすることができます。

このリーフレットは、保健師向けセミナーを受講いただいた方限定でご購入いただけます。

※企業、自治体など、組織でご購入される際は、お一人でもご参加いただければ購入できますが、効果的に使っていただくため、できるだけ使用する方全員の受講をお願いしたいと思います。

【リーフレット価格のご案内】
紙媒体(50枚/セット):1,650円(税込)
電子媒体(PDF):16,500円(税込)

スマートダイエット®︎
とは?
About smart diet

スマートダイエット®︎は筑波大学で減量の研究から開発されたもので効果を保証するメソッドです。

開発者である筑波大学名誉教授の田中喜代次先生は、体育科学の専門家として1983年から大阪市立大学にて肥満研究を始められました。

医科学の専門である田中先生は当初、運動で肥満を改善することを目指して、研究を始められたそうです。

しかし、研究を進めていくうちに、運動だけでは十分な効果が得られないことを痛感され、減量支援の主軸を食事改善に移されました。

食事改善のためのツール「四群点数法」

食事改善においては、単にエネルギー摂取量(カロリー)を抑えるだけでなく、不足している栄養素をバランスよく補給することで、体調を整え、意欲的に仕事や運動に取り組むことができる身体づくりにアプローチすることが重要であるという視点で、研究を進められました。

田中先生が「バランス良く、適量を食べること」をわかりやすく、対象者に伝えるツールとして用いたのが女子栄養大学で提唱されている「四群点数法」です。

この四群点数法を用いて、さらに研究を進め、対象者が健康的かつ効果的に楽しみながら食事をいただくことができる減量メソッド「スマートダイエット®︎」が誕生しました。

メタボリックシンドローム危険因子の改善

田中先生は健康度の総合指標として「活力年齢®︎」という尺度も開発されました。「活力年齢®︎」は腹囲、血圧、血液データ、体力測定などから算出され、その人の総合的な健康度、からだ年齢を示す尺度です。

スマートダイエット®︎は単に「体重や体脂肪を減らす」だけでなく、主にメタボリックシンドローム危険因子の改善にも効果が確認されています。

表:スマートダイエット®︎教室参加前と参加後、対象者全員の測定データの変化

このような研究成果から、スマートダイエット®︎を3ヶ月間実践することにより(週1回の支援者の介入)、平均で体重−8kg、腹囲− 9cm、活力年齢®︎7歳の若返りを、実証されました。一連の研究成果は、国内外の学会でも発表され、アメリカスポーツ医学会、日本肥満学会、日本体力医学会、日本教育医学会などから、優秀賞を授与されています。

グラフ:スマートダイエット®︎教室参加前と参加後、測定データの変化の平均値

現在、スマートダイエット®︎は田中先生が2005年に起業された、筑波大学研究成果活用企業である株式会社THFが生活習慣病予防事業として、全国の自治体等で展開しているほか、スポーツクラブ等のダイエットサービスの監修や企業における健康商材の開発等に活用されています。

※活力年齢®︎とは
田中喜代次先生が考案した健康度の総合指標で、活力年齢®︎は形態計測値、血圧値、血液検査値、体力測定値等から算出されます。
【表・グラフデータ提供:株式会社THF】

このセミナーに込めた想い
Wish

私がスマートダイエット®︎と出会ったのは行政で保健師として従事していたときです。

以前から希望していた保健所の健康増進担当に配属されたときでした。
私の担当する業務の1つに、生活習慣病やメタボリックシンドロームを改善するための教室がありました。

以前から希望していた保健所の健康増進担当に配属されたときでした。
私の担当する業務の1つに、生活習慣病やメタボリックシンドロームを改善するための教室がありました。

「せっかく多くの住民に参加してもらうなら、確実な効果を得られる教室をやりたい!」

という想いで、何か良いプログラムはないか・・・と悩んでいた時に出会ったのが「スマートダイエット〜メタボリックシンドローム予防・改善のための減量指導〜」という田中先生が執筆された本でした。

すぐに読み込み「これしかない!」と思いました。

無我夢中で田中先生にメールでご連絡し「スマートダイエット®︎教室を当自治体で開催したい」とお伝えしたところ、「協力しますよ」という快諾のお返事をいただきました。

そうは言っても行政ですから、その年度に行う事業、予算は既に決められています。新規事業としてやるには、予算はありません。

上司や先輩方からは「無謀・・・」とお叱りを受けながらも、限られた予算の中でできる方法を一緒に探ってもらい、何とか開催できる運びとなりました。

開催に向けて準備をしながら、「住民の皆さんに提供する前に、まずは自分で試してみないと!」と自分でもスマートダイエット®︎を実践しました。

私は子供の頃から、食欲旺盛。食べることが大好きで、甘いものもお酒も好き。
大学時代は先輩から「めちゃめちゃ幸せそうに食べるなぁ」と言われるほどでした。

よって、どちらかというとぽっちゃり体型。過去に何度も「ダイエットしなきゃ」と言いながら、1度も成功した事はありませんでした。

そんな私が初めて、このスマートダイエット®︎によって、体重を減らすことに成功しました。
4ヶ月間で7kgの減量に成功し、10年たつ今でも、その体重を維持できています。

自分でやってみてわかったのは、体重を減らすために
「何をどれぐらい食べればいいのかが、具体的に理解できる」
ということでした。

自分自身のダイエットに成功し、ますますスマートダイエット®︎の効果を確信したのです。

このセミナーに込めた想い
Wish

私がスマートダイエット®︎と出会ったのは行政で保健師として従事していたときです。

以前から希望していた保健所の健康増進担当に配属されたときでした。
私の担当する業務の1つに、生活習慣病やメタボリックシンドロームを改善するための教室がありました。

以前から希望していた保健所の健康増進担当に配属されたときでした。
私の担当する業務の1つに、生活習慣病やメタボリックシンドロームを改善するための教室がありました。

「せっかく多くの住民に参加してもらうなら、確実な効果を得られる教室をやりたい!」

という想いで、何か良いプログラムはないか・・・と悩んでいた時に出会ったのが「スマートダイエット〜メタボリックシンドローム予防・改善のための減量指導〜」という田中先生が執筆された本でした。

すぐに読み込み「これしかない!」と思いました。

無我夢中で田中先生にメールでご連絡し「スマートダイエット®︎教室を当治体で開催したい」とお伝えしたところ、「協力しますよ」という快諾のお返事をいただきました。

そうは言っても行政ですから、その年度に行う事業、予算は既に決められています。新規事業としてやるには、予算はありません。

上司や先輩方からは「無謀・・・」とお叱りを受けながらも、限られた予算の中でできる方法を一緒に探ってもらい、何とか開催できる運びとなりました。

開催に向けて準備をしながら、「住民の皆さんに提供する前に、まずは自分で試してみないと!」と自分でもスマートダイエット®︎を実践しました。

私は子供の頃から、食欲旺盛。食べることが大好きで、甘いものもお酒も好き。
大学時代は先輩から「めちゃめちゃ幸せそうに食べるなぁ」と言われるほどでした。

よって、どちらかというとぽっちゃり体型。過去に何度も「ダイエットしなきゃ」と言いながら、1度も成功した事はありませんでした。

そんな私が初めて、このスマートダイエット®︎によって、体重を減らすことに成功しました。
4ヶ月間で7kgの減量に成功し、10年たつ今でも、その体重を維持できています。

自分でやってみてわかったのは、体重を減らすために
「何をどれぐらい食べればいいのかが、具体的に理解できる」
ということでした。

自分自身のダイエットに成功し、ますますスマートダイエット®︎の効果を確信したのです。


スマートダイエット®︎教室
参加者からの言葉
Student’s comments

初めてのスマートダイエット®︎教室は満席でスタート。
そして、3ヶ月間、計12回の教室が終わると、平均で-5kgの減量成果が得られました。
中には10kgもの減量に成功した方もいました。

最終日には修了式を行い、参加者一人一人に修了証お渡ししましたが、参加者もスタッフも涙涙の修了式となりました。

「こんなに痩せられると思わなかった」
「もう(この歳では)痩せられないとあきらめていたのに、痩せられた!」
「家に閉じこもりがちだったけど、スマートダイエットをきっかけに外出が楽しめるようになった」
「娘の結婚式に出席するのがますます楽しみになった」
「よく眠れるようになった」
「主治医から、薬を減らしてもらうことができた」
「膝の痛みが改善した」

など、嬉しい感想をたくさんいただくことができました。
そして、とても衝撃的だったご感想が

「人生が変わりました」

というお言葉です。
涙ながらにそう語られた姿を忘れることができません。

この言葉こそ、私がスマートダイエット®︎による減量サポートを続けていくエネルギー源になっています。
「多くの現場でスマートダイエット®︎を活用してほしい」
これが私の率直な思いです。

オンライン面談にも対応!
「成果を上げる!スマートダイエット®︎式保健指導」
セミナーのご案内
Information

開催スケジュールこの講座は単発の講座です。
以下の日程からご都合の良い日を選んでお申し込みください。
◎ 2022年6月25日(土)10時~12時30分【申込〆切:6月17日(金)】
◎ 2022年7月 8日(金)13時30分~16時 【申込〆切:6月30日(木)】
◎ 2022年8月 6日(土)10時~12時30分 【申込〆切:7月29日(土)】
セミナーの内容この講座でお伝えする内容はスマートダイエット®を保健指導版に監修したものです。
時間や支援回数が限られる保健指導の現場で活用できるよう、食事のバランスと適量を手ばかりで把握しながら、減量、検査値の改善を目指す方法をお伝えします。

※本来のスマートダイエット®では、食事の量を計量し、四群点数法を使って点数計算をしていくことで、適量と食事バランスを整えていきます。

1. スマートダイエット®︎誕生秘話(事前動画学習40分)
2. スマートダイエット®︎式の食事とは?
3. 対象者の食習慣を把握する
4. 目標設定の仕方
5. 減量効果を高める習慣とは?
6. バランスよく適量を食べるポイント
7. <演習>不足している食材を見つけよう
講師1:筑波大学名誉教授 / 株式会社THF 代表取締役 田中喜代次先生
2〜7:保健師 / スマートダイエット®︎指導者 金原嘉子
開催方法Zoomを利用したオンライン開催となります。
【以下ご確認ください】
・講座で使用する資料、保健指導用リーフレットサンプル5枚は、郵送致します。
・お申し込み後、セミナー用のZoomURLをメールにてご案内致します。
・インターネットに接続でき、カメラ・マイクが付いたパソコン、タブレット、スマートフォンでご参加いただけます。(スマートフォンでご参加の場合はZoomアプリのダウンロードが必要です。)
・参加する際には「ビデオオン」でお顔が見える状態での参加をお願いしております。
Zoomの操作等につきましては、こちらを参考にしてください。
受講料8,800円(税込)
お支払い方法は以下のいずれかでお願い致します。
・銀行振り込み(申し込み後、振込口座をご案内致します)
・クレジットカード払い(Web決済)※VISA・Masterのみとなります。

お申し込みはこちらのフォームに
必要事項ご記入いただき送信ください

リーフレット及びセミナーに関する
ご質問・お問い合わせはこちらから

講師プロフィール
Lecturer profiles

田中喜代次


筑波大学名誉教授 / 教育学博士(スポーツ医学、健康増進学)
株式会社THF代表取締役社長

滋賀県生まれ。筑波大学大学院体育科学研究科修了。
大阪市立大学保健体育科講師、筑波大学体育科学系助教授、筑波大学大学院人間総合科学研究科スポーツ医学教授を経て現在に至る。

アメリカスポーツ医学会フェロー、日本体力医学会理事、日本介護予防・健康づくり学会会長、日本健康支援学会元理事長、日本メディカルフィットネス研究会元会長などを務める。
「アメリカスポーツ医学会 優秀賞」「日本体力医学会 優
秀賞」「日本教育医学会功労賞」「秩父宮記念スポーツ医・科学賞奨励賞」など学術賞の受賞歴は多数。

運動・食事・健康・医療の全般にわたる研究の第一人者。データを豊富にそろえ、健康支援の本質をつく論文・講演などが注目を浴びている。
多くのフィットネスクラブにおけるプログラムの開発や監修も行う。

金原嘉子


株式会社サクセスフルエイジングサポート代表取締役 / 保健師

長野県生まれ。北里大学看護学部看護学科卒業。
北里大学病院にて看護師として勤務した後、横須賀市で保健師として14年間、子育て支援や認知症予防、介護予防、生活習慣病予防に携わる。

スマートダイエット®︎教室を立ち上げた他、ラジオ体操を通じた健康づくり事業等の健康増進事業を担当する。
その後、横須賀市を退職し、個人事業主として、大学(保健師養成課程)の学生指導、特定保健指導、介護予防事業の講師、企業での健康づくりセミナー講師等に従事。

2020年1月に株式会社サクセスフルエイジングサポートを設立し、産業保健師として中小企業の健康支援、スマートダイエット®︎による生活習慣病やメタボリックシンドロームの予防・改善のための減量支援、ラジオ体操を通じた健康づくりの推進等に取り組んでいる。