【保健師が教える健康的にやせるコツ】やせる体重の測り方

このコラムは健康診断や人間ドックでお医者さんから

「やせましょう」

「食事に気を付けましょう」

と言われた方が、薬が必要になる前に、食事の改善でメタボや生活習慣病を予防していくために役立つ情報をお伝えしています。


体重を減らしたい!メタボを何とかしたい!と思ったらまず1番最初に始めてほしいこと。

それは…

毎日体重を測ること。

なぜでしょう?

目次

体重を測ることは現在地の確認

体重を減らしたいなら、まず体重測定を始めましょう。

「体重計に乗るのが怖い!」

と言っている間はやせません。

現在地の確認ができて初めてダイエットがスタートします。
現在地がわからないと目標も決まりません。
現在地を目視することで、脳の減量スイッチがオンになります。

目標が決まらないと「何となく・・・」でしか取り組めないので
脳の減量スイッチがオンになりません。

自分の目で現在地を確認して、脳の減量スイッチをオンにしてあげましょう。

そして、現在地がわかると、翌日から成果も見える化できます。
1日や2日では体脂肪が大きく変化しませんが、
食事が整うと、余分な水分が抜けるので、早い人は翌日から体重が動き始めます。

頑張った成果を毎日確認するためにも、現在地の確認が必要なのです。

体重は毎日、同じ条件で測る

理想的には、朝起きた後、トイレを済ませた後、朝食の前に測りましょう。
パジャマのまま測れば、服の重さの影響も最小限になります。

このタイミングが1日のうちで一番体重が少なく、食事や水分の影響を受けていない体重が測れます。

ただ

「朝はどうしても無理!」

と言う人は、条件をそろえて同じタイミングで計りましょう。

「帰宅して部屋着に着替えるタイミング」

「入浴前」

などは、衣服を脱ぐタイミングなので計りやすいかもしれません。

毎日測ることが大切なので、自分の続けやすいタイミングをお勧めします。

体重のグラフをつける

測った体重は記録しましょう。

このときに、数字だけを記録していくことはお勧めしません。

体重が減るのは体脂肪が減るからだけではありません。
前述したように、水分量も変化していきます。
特に水分量は色々な要素に影響を受けるので、ちょっとしたことで変化します。

更に食事は毎日のことなので、日によってはお付き合いがあったり、
仕事が忙しくてうまくコントロールできなかったり
家族に合わせなくてはいけなかったりと
食事の調整がうまくいかない日も時々あると思います。

そういうときには翌日や翌々日に体重が増えてしまうこともあると思います。

このグラフをご覧ください。

体重が減ったり増えたりしながらも、右肩下がりで体重が減っていることがわかるかと思います。
このように体重は小さな増減を繰り返しながら減っていきます。

数字だけを記録していると、この日々の小さな増減に一喜一憂したり、自己嫌悪に陥ったりして、モチベーションが保てなくなってしまうことが良くあります。

ですから、体重はグラフ化して1週間単位、1ヶ月単位で体重の変化を見える化することでモチベーションが保ちやすくなり、ダイエットの継続につながります。

ダイエットは少なくとも2~3ヶ月取り組む必要があります。
その期間、モチベーションを保ち続けることはとても大変なことです。

逆にモチベーションが続けば、ダイエットは成功します。

「体重を毎日測りながら、成果はグラフで確認する」

これがダイエット成功への第1歩です。


「健康診断・人間ドックの結果をメタボや生活習慣病の予防に活用したい人のための個別相談」の日程はこちら

メタボや生活習慣病を予防するための食事を身体に馴染ませる3ヶ月の講座「スマートダイエット®教室」はこちらをご覧ください。

次回のスマートダイエット®教室は公式LINEでご案内します。

友だち追加
目次
閉じる